1.閉塞性動脈硬化症とは?

足の血管の動脈硬化です。足の筋肉は、運動をすると普段の10倍近くの血液を必要とします。しかし、動脈硬化になると血管が詰まって必要な量の血液がいきわたらなくなります。すると筋肉に乳酸などがたまり、それを足の痛みとして感じます。このような症状は上り坂や階段を上る時などに、より現れやすく、このような症状がある人は閉塞性動脈硬化症の可能性が高いと考えられます。男性に多く発症します。
(また、足の動脈硬化が起きている人の7割は、脳や心臓でも動脈硬化が起きていると言われています。当クリニックでは、血管の動脈硬化を測定する最新の機器を導入しておりますので、気になる症状がある方は早期発見のためにも是非一度ご相談ください。)

2.原因は?

動脈硬化が原因となります。動脈硬化とは文字通り「動脈が硬くなる」ことで、血管の特性であるしなやかさが失われるため、血液をうまく送り出すことが困難になります。喫煙、糖尿病、高脂血症、高血圧、肥満、加齢等が動脈硬化の危険因子と言われています。生活習慣の欧米化により、急速に患者は増えています。その中でも50歳以上の男性で、特にヘビースモーカーに起こりやすいとされています。動脈硬化が原因であるため、その危険因子である高脂血症、高血圧、肥満、糖尿病などがある人や喫煙の習慣がある人は年齢性別にあまり関係なく、発症の危険性があります。

3.症状は?

  • 足が痛い
  • 足が冷たい
  • 足がしびれる
  • 歩くと足がいたくなり、立ち止まってしまう
  • 足の色が悪い
  • 足の傷がなかなか治らない

病期(ステージ)は4段階です。

  • Ⅰ度:しびれ、冷感
  • Ⅱ度:一定の距離を歩くことで痛みが生じ歩けなくなるが、しばらく休むと再び歩ける
  • Ⅲ度:安静時にも痛みが現れる
  • Ⅳ度:壊死、潰瘍が生じる

4.診断は?

当クリニックでは症状の問診、足の診察、血液検査、超音波検査、ABI検査、PWV検査など痛みやストレスのない方法で診断します。

5.治療は?

生活習慣の改善

まずは動脈硬化の原因を無くす事です。禁煙(たばこは血管を収縮させるため、血行が悪くなり動脈硬化を進行させます。)、食生活改善(コレステロールを控え、カロリー、塩分を減らす。)運動(ウォーキングで血行を改善します。継続が大切です)、その他に血圧管理、血糖管理が重要です。

薬物治療

血管を拡張させて足の血の流れを改善する薬を使用します。

カテーテル治療

血管がつまりかかっている部分や一部細くなってしまっている部分に行います。カテーテル(細い管)を血管内に挿入して風船や網目状の管を使い、拡げます。

手術治療

バイパス手術や詰まった部分を除去する手術を行います。血管が長区間に渡って完全につまっていてカテーテルでは通らないケースに行います。

足のケア

足を清潔に保ち、保温や怪我に注意することも大切です。

診療案内